Rayのちょっとした予知能力の話

Rayのちょっとした予知能力の話

HELLO!HELLO!Ray でーす\(^o^)/

2 月上旬、寒いですね(^^) 沖縄も冷えておりまする(´・ω・`)

今回はタロットのことを書こうって思っていたんですが、急遽『Ray の不思議な世界』に切替えちゃいました。

Ray の霊感でよくある話をしてみようかなと思います。

2 重音声ニュース

創造主 Jun さんには「良くわからない」と言われてしまうのですが、Ray はテレビでニュースとかを見ると、アナウンサーの声がスローモーションと早送りの 2 重で聞こえることがあります。

他の方が見ているように通常音声が聞き取れなくなるんです。

映像自体は至って普通なのですが、声だけがスローと早送りの両極端な 2 重音声。

超うるさい(笑)

Ray は Ray 自身のこの現象が何なのか分からないんですが、アナウンサーの口の動きと声が合わず、2 カ国語音声を聞いているような感じがとにかく気持ち悪く思っています。

未だにそのような状況になることがあるので、Ray はテレビではニュースを見ないようにしています。

実験

以前、その現象を自分で突き詰めたく、実家で家族とニュースを見ていて(Ray から見て)アナウンサーの声が 2 重になった時に、家族はどう聞こえるか試してみたんです。

Ray がスローに感じている時に家族に「今スローで聞こえるよね?」って聞いてもみんな通常通りにしか聞こえないって返答なのですが、早送りで聞こえている音声を Ray が口に出して言うと、アナウンサーがまだ話していない(テレビからはまだ聞こえてきていない)音声を Ray が先に喋っているような感じになりました。

まるでアナウンサーが次に喋る内容を Ray はわかっていて先を読んでいるような感じ。ちょっとした予知をしているような状態でした。

自分でもよくわかってはいないのですが、とにかく家族には不思議がられてしまいました。

自分なりの結論

Ray が自分なりに出した結論としては、皆が聞いているのは普通の音声なんですが、Ray からしたらその普通の音声がスローになっていき、先にニュースの内容が分かっちゃうのが早送りとしてRay には聞こえているんだということが、なんとなくわかりました。

いつもこんな状況なので、ニュースは見たくなくなります。

これが一つの予知みたいになっているなら面白いんだろうなって思いますが、Ray は怖いのと気持ち悪いのが先行してしまってニュースは見られません。

多分そういう臆病さが、Ray がユタになる時期を遅らせているんだろうな。。。

霊感?直感?

なんか気持ち悪い話になっちゃったので、今度は Ray に霊感があって良かった?話をしますね

Ray の霊感て、やっぱり危機回避能力には長けていると感じます。Ray にはこれに限りますね(^^)

例えば、誰が見ても明るくて通りやすい道でも、なんとなく直感的に「何か事故あるかもしれないから通るの止めよう」って思うと、だいたい次の日くらいにその道で何かしらの事故やトラブルが発生していたりします。

あと、行こうと思った場所に悪い霊がいるのがなんとなく察知できて結局行かなかったり、会わないといけない人と出会うためにわざわざいつもと違う道を選んだり、などなど。直感が働くんです。

こういう時の直感は特に、霊感が役に立ってるかもしれないって思います。

だから Ray は霊感のおもむくままの直感で生活する傾向にあります。

察知能力に限らず、この人信用出来そうとか難しい人かもしれない、などの人の第一印象も当たったりします。

その一方で、第一印象が良いだけで、仲良くなっていくと上手い言葉で騙す人に出会ったりもします。

この先もこの人と仲良くすると危険かもしれない、という察知がつけば深入りしないはずなんだけど、そこに霊感?直感?が働かないのは、Ray が自身が霊感に守られずに人としても学ばないといけないことがあるからなんだろうとも思うんです。

Ray からしたら霊感って自分自身に対して都合よく使えないので、あんまり必要性ないとも思っていますけど(^o^)

魔女みたいに自分に対しての魔法をかけて、空を飛んだり消えたりするという感じなら実用的だしカッコイイのでしょうけど。

Ray の霊感は自分に使うのではなく、人のために使うことにこそ意義があるのかもしれないですけどね。。。

Rayの不思議な世界カテゴリの最新記事