「はれのひ」社長の会見を見て感じた違和感の正体

「はれのひ」社長の会見を見て感じた違和感の正体

どーも皆様こんにちは、創造主 Jun です。

今月再度の登場となりました。

今回なんでまた当ブログの創造主となる私が記事を書こうと思ったかというと、タイムリーな時事ネタでお伝えすべき?ことがあったことと、Ray が書き渋ったから。

「はれのひ」社長の会見

2018 年が始まって、まず人々を驚かせたニュースと言えば、やはり成人式トラブルを起こした「はれのひ株式会社」の件かと思います。

内容をいちいち説明する必要もないかと思いますが、成人式の着付け注文を年末ギリギリまで取っておいて、成人式当日に逃げたってやつですね。

その「はれのひ株式会社」の社長は 2018 年 1 月 26 日まで表舞台に出て来ず所在もわからなくなっていたのですが、突如同日の 19 時から会見を開くということで、私も興味があってネット配信を見てしまいました。

逃げてた奴が今更出てきて何を喋るんだろう、そんな思いで。

で、遅れること 19 時 5 分頃に「はれのひ株式会社」の社長が登場。

最初 Jun が感じた印象は、『逃げてたわりには以外に顔色良いな』です。

違和感

会見の内容は、負債額などを含めたの現状報告が前半にあって、あとはこの社長の言葉と質疑応答でした。

ここで感じた Jun の印象は、第三者や捜査関連などの話せないことは喋らない(喋れない)までも、意外に誠実に答えている、という感じ。

多分、この社長は本来とても人が良いのだけど、その人の良さゆえに利益を求める嗅覚がなかったというか、経営者としての資質が欠けてたんだろうな、そんな風に感じていました。

でも、やっぱり最初の印象が引っかかってたんですよね。

『(Jun から見て)たどたどしくもそれなりに誠実に受け答えしているけど、なんでこんなに顔色が良いんだろう?』

多分自分がこの社長の立場だったら、逃げ回ることに疲れたからか、それとも罪悪感からか、少なくとも誰が見てもメンタルやられているのがわかるほどゲッソリとしていると思います。

この違和感は一体なんなんだろう?

違和感の正体

だから、とっさに連絡して聞いてみたんですよ、Ray に。

Jun『Ray、会見見てる?Ray にはどう見える?』

Ray『ん~、なんとも言えない。だってこの人、心の中では少しも悪いと思ってないし、後ろにいるこの人の影は笑ってるもん。被害者を思うと悲しくなる。』

なるほど、流石 Ray。Ray にはちゃんと見えてたみたいです。

そして Jun が感じた違和感も間違ってなかったようで。最初若干騙されてたけど。。。

Ray が今回のことを書き渋った理由は、お察しください。

でも一応 Ray に許可取って書いてます。