レ〇なの?女の神様と出会った話

レ〇なの?女の神様と出会った話

HELLO!HELLO!Ray だよ\(^o^)/

皆様、Ray の不思議な世界へようこそいらっしゃいました(*´ω`*)

Ray の不思議な世界は、主に Ray が体験した、Ray による霊の体験談をお送りするコーナーです。

ではでは、今回も始まりますよ\(^o^)/

『女の神様』

Ray は幽霊とか悪霊を見ることよりも、精霊とか土地神様とかを見る機会のほうが多いのですが、今回は『女の神様』に出会った話をします。

その女の神様に出会ったのは Ray が高校生のときで、ある日の帰り道での出来事です。

大きな木が覆い茂っている林の中で、女の人が光を放って立っていたんです。

女の神様の風貌はというと、白い薄いレースのような、朱色も入っているような色の掛け衣だけを肩にかけているだけでその下は裸でした。

これが人間の女性であれば単なる〇態から露出趣味か何かですが、その女の人は神々しいほどの自然な美しさで、Ray はすぐに神様か精霊だということを理解しました。

同姓の Ray でも見惚れてしまうくらい、その女の神様は美し過ぎました。

というか、Ray はまじまじとガン見(^^)

『私と一つになりましょう』

女の神様は当たり前のようにスッと Ray に近寄ってきて、耳元でこう囁きました。

『サーダカー、ンマリヌ、イナグヨ、』(霊感のある女よ、)

Ray の耳元から漂ってくる匂いは、雨が降った後の新緑のようにも感じました。

続けてその女の神様は、

『ワントゥ、トゥイナティ、ホーマィヒラチ、クゥワナサー』(私と一つになりましょう。性器を開いて、子孫を産みなさい。)

そう囁いたんです。

女の神様の言葉とその香りに動悸と目眩がして、そして力に圧倒されたためなのか、Ray は立っていられない状態になりました。

そして自分でも分かるくらい声を震わせながら女の神様に、

「うないがなし、うんじゅぬせじや、しがたに、わんはうゆびらんぐとぅ、みぬがしてぃとらしくみそーり」(女の神様、あなたの力や姿に私は及びません。見逃して頂けませんか。)

と伝えました。

が、心の中では断っていいものなのかと戸惑ってもいました。

(そんなことより女の神様から女の子の Ray に対して突っ込みどころ満載なお言葉をいただいたわけですが、当時はそんなことを気にしてる余裕もなかったんです)

そうしているうちに Ray の心の中が何か強い力に掻き回されていくような気分になり、Ray は女の神様の顔も姿も直視できない状態となってしまって目を伏せてしまいました。

でもまぶたの裏でも光とシルエットだけは鮮明に見えているような情景だったことを覚えています。

『ワントゥヤーヤ、ツイニナイルサダミ、イチカマジュンナイビーサ、トゥチガシラスサ』(私とあなたは一緒になるんだから、いつかはそんな日が来る。時が教えるだろう。)

女の神様は続けてこう言い放ち、森林から漏れる光に向かうように消えていきました。

それと同時にさっきまでの体の緊張は薄れていきました。

女の神様は消え方も自然。

まるで今の今まで何事もなかったかのように、いつもの帰り道に戻っていました。

でも Ray の記憶には、今でも女の神様の美しい姿と新緑の匂い、そして耳元で囁かれた言葉が、心に引っ掛かるように残っています。

若干トラウマ

ユタばあ様に聞いても、あの出来事に対しては『喜ばしい事だ』と答にはなってない返答しかしてくれないので、Ray は今でもあの女の神様と出会った理由がわかっていません。

てゆうか今では Ray ももういい大人なので、女の神様が言った内容や突っ込みどころなどに対して頭は働きますが、当時は正直恐怖そのものでした。

今でも若干トラウマ。

それにしても女の神様は本当に言葉にならない美しいお姿でした。お美しい上に、圧力や威厳の迫力もそうとう強く感じましたね。

なんとも言葉では表しにくい自然な美しさを保ったままのたたずまいだったのですが、それもこれも含めて、やはりこの世のものでは無かったように思います。

精霊というのは子孫繁栄や五穀豊穣とかの意味を持つ方もいらっしゃるので、今思えばあの女の神様もそのたぐいの何かだったのかもしれません。

以前の記事で、キジムナーが本来は子宝の精霊ってお話もしましたよね。

それとも女の神様と交わることで、Ray に霊的な力を与えてくれるということだったんでしょうか。

Ray のユタへの道に関係していたのかも。

Ray はレ〇じゃない!

神や精霊はよく人間の形で表されたりしますが、昔から女の人の姿形で表されることが多いそうです。

でもそれは見る側の意識がそう具現化させているとも言われています。

今回の女の神様のように Ray も人間の容姿で神や精霊を見ることが多いですが、本来の姿は人間の姿ではないと感じています。

それにしてもまたあの女の神様に会ったら、Ray はレ〇体験しちゃうんでしょうか(´・ω・`)?

万が一もう一度、女の神様に迫られたら、Ray は「市原隼人さんみたいな硬派でセクシーな男性が好きなんです!」って言ってフッてしまおうと思っています(^^)

そういう問題ではないのかな(笑)

あまりオチもない話ではありますが、Ray の体験談ですので勘弁して下さい。(*´ω`*)