Rayの2018年を占ってみた(7~9月編)

Rayの2018年を占ってみた(7~9月編)

HELLO!HELLO!Ray でーす\(^o^)/

第 3 弾始まりましたよー。

ようやく中盤に差し掛かかった『Ray の 2018 年占って見た』のコーナーです。

では、今回も長いですがお付き合いください。

これまでのおさらい

1 月と 2 月は人の助けを得て、仕事とプライベートは現状維持する流れを取り、3 月は Ray にとっての霊性による転機が訪れるとの暗示でした。

4 月は情熱的な男性(ワンドのナイト)に魅了されそうになってしまい、一時的な感情で流されて関係を結んでんしまいそうな予感。

5 月は、そんな 4 月から関係を断ち切りたい気持ちで仕事やプライベートのバランスを崩してしまいそうな 1 ヶ月になりそうと予測されています。

6 月はようやく彼との関係を断ち切り、仕事やプライベートも持ち直して次への展望を考えていくとの暗示でした。

PAGE_BREAK: PageBreak

6 月になって展望を見始めた Ray は、7 月 〜 9 月からはどうなっていくんでしょうか(*^^*)

では続きを読み解いていきます。

7 月

7 月は 1 枚のカードができました。

  • ワンドの 4「Four of Wands(Ⅳ)」正位置

ワンドの 4「Four of Wands(Ⅳ)」正位置

歓迎、歓喜。しがらみから解放され、自分の求めているものの意味が分かり、実感する出来事が起きそうです。精神的な喜びを示すカード。

7 月の暗示

4 の数字は、四角が 4 つの点で構成することから、安定の意味があります。

また ワンドの 4 のカードは、喜びや歓迎される出来事なども表します。

つまり、7 月は安定した素敵な出来事が訪れるってことです。

わーい、Ray にも幸せの兆しが来たよ\(^o^)/

幸せな状態の約束をされたのと一緒。

Ray は素敵な未来への門をくぐりまーす(^^)

8 月

8 月は 3 枚のカードができました。

左から、

  • ペンタクルの 10「Ten of Pentacles(X)」正位置
  • カップのキング「King of Cups」正位置
  • カップの 7「Seven of Cups(VII)」逆位置

ペンタクルの 10「Ten of Pentacles(X)」正位置

家族の象徴。財産など、物質的な豊かな生活を送っている状況。経済的な安定。セレブ婚。家柄。出会いからのスムーズな結婚へつながる。新しい人間関係を築く。

カップのキング「King of Cups」正位置

人情深く、知性をもった大人の男性。物腰は柔らかく寛大さのある人。優しさだけでなく豊富な人生経験から問題の核を的確に捉えることができるため、困難な状況でも落ち着いて切り抜ける事ができる。

カップの 7「Seven of Cups(VII)」逆位置

迷いっていた事が晴れて、理想を現実に変えられる。一つの事に的を絞れる。生活を正せる。地に足をつける。的確な判断力。幻想から目覚める。

8 月の暗示

出ましたよー!Ray は 7 月に幸せの門をくぐって、8 月は結婚を意識するような状況が暗示されました。

ここでは結婚相手としてカップのキングが出ているため、年の離れた大人な男性と出会う可能性か、歳が近かったとしても精神的に大人な男性と出会い、何不自由のない結婚生活が約束されていると暗示されています。

カップの 7 の逆位置は優柔不断な状況からの脱出を表すカードなので、Ray が決め兼ねていた事柄に対して何か一つの事柄を絞れる状態になりそうです。

もう一つの意味合いとして幻想からの目覚めを意味するカードでもあるため、空想などの夢見心地から、現実的思考に切り替わるという暗示かもしれません。

ペンタクルの 10 とカップのキングのカードの組合せは、結婚相手が出現し結婚話が浮上するとの暗示なのですが、前触れもなく急に結婚話、というのは、もしかしたら Ray はお見合いをするのかもしれません。

今年の 8 月も、3 月と同じくターニングポイントになりそうです。

9 月

9 月も 3 枚のカードができました。

左から、

  • 審判「Judgement(XX)」逆位置
  • ソードの 2「Two of Swords(II)」正位置
  • ペンタクルの A「Ace of Pentacles」正位置

審判「Judgement(XX)」逆位置

これまでやっていた努力について投げ出したくなってしまう。既に終わってしまっている事を引きずっている。どこまでも悲観的に考えてしまう状況。後悔、未練が募る。

ソードの 2「Two of Swords(II)」正位置

自分の周りに誰もよせつけまいと、自分の殻に閉じこもっている状況。感情は行動に一致していない。感情を押し殺す。事実を受け入れられない。

ペンタクルの A「Ace of Pentacles」正位置

具体的かつ現実的な価値。実際に形あるものを生みだすエネルギー。夢や想いが現実になり始める。

9 月の暗示

8 月の良いカードから一転して、9 月はソードの2が表すのはRayの内面として精神的に困難な様子が暗示されてしまいました。

審判やペンタクルの A のカードが表すのは、抗えない運命が動き始めている状況ということです。

前途多難な結婚へと進んでいるのでしょうか、幸せな始まりではなさそうです。

9 月、その流れに逆らえない Ray がいるのでしょう。

まとめ

7 月は仕事もプライベートも充実して結果が見え始め、やりがいを感じ始める模様です。

8 月には大人の男性と出会い、結婚へつながる交際が始まりトントン拍子に話が進むような暗示。

ですが 9 月は、結婚に対して受け入れられないという気持ちが Ray にはあるようです。

審判のカードは決められた運命を表し、ペンタクルの A のカードは物事の始まりのエネルギー源を表すカードなので、その組み合わせが表すカードの意味合いとして、定められた物事が決められた形で進んでいくというような暗示となります。

つまり、Ray の結婚がお見合いという形の結婚なのであれば、逆に言えば結婚相手を選べない、ということなんでしょうか。

9 月は、自分の自由を抑えて生活することへの暗示なのかも。

Ray は今の自由を楽しむ必要がありそうですね。リア充、求む。(笑)

今回を含めて 1 ~ 9 月まで見てきましたが、ここまででも Ray の 2018 年は浮き沈みの激しい年になると感じました。

次回はついに 2018 年のラストです。 10 ~ 12 月にどのような動きが出るのでしょうか。

乞うご期待下さいまし(^^);

タロットカテゴリの最新記事