正義 Justice(XI)、正しい?正しくない?

正義 Justice(XI)、正しい?正しくない?

HELLO Ray だょ(*´∀`)

今回は正義のカード「Justice(XI)」です。

正義「Justice(XI)」

みなさん正義って何を想像しますか?

悪を成敗するとか、考え方や行いとか、自分の常識の範囲内の良心とか、公正な判断や中立の立場とか、、、いろいろ出てきますよね。

さてさて、この正義カードの人物は裁判官で女性です。

実際の裁判官は目隠しをして、公正な判断や差別やひいきの無い状態で裁判を行うのが実状ですが、この正義の女性裁判官は目隠しをしていません(^_^;)

これは、「全てお見通し。知ってますよ。」と、内なる良心などを表しているんです。

『天知る、地知る、我知る』の言葉通り、嘘や悪事を一番気づいてるのは自分自身で、悪い行いを早いうちから正し、自分が納得できるような振る舞いができているか?

「罪を犯すな。もし犯しているのなら罪が軽い内に白状しちゃいなさい。」と、第三者の目で物事を考えさせてくれます。

それは自分自身の目であり、常に行いをみているのは自分だと、伝えているのですよ。

女性裁判官は天秤を持っています。

これは、両立やバランスを取りながら公平な判断を促すと、自分が行った事に対して悪いのか正しいのか、常に自分の中で計りにかけていることを意味しています。

正位置と逆位置

タロットで正義カードが正位置で出たなら、自分の心が思っている正しい方へ進んで OK ということ。自分自身の善し悪しの判断が公正で正しいから「思いきっての決断していいよ!」と、正義カードは暗示してくれています。

逆位置なら不公平、アンバランスで決断が出来ておらず、ズルズルと先伸ばしにしているという暗示です。

ただ、問題に対して判断が出来ない理由は何か?どうしてその判断になったのか?を考えさせてくれます。

正義カードが逆位置で出た場合のアドバイスとしては、全てを天秤にかけて善悪を判断し、そして決断をしないといけないタイミングなので、「まずは自分の悩みなどをバッサリ切りなさい」という感じでしょね。

また更に、第三者の目で判断する必要性も含まれます。決断するには自分の感情殺して検討しないといけません。

それこそ、正義が持つ理性の象徴の剣が感情を冷たく一刀両断です。

Ray への暗示

Ray は今回正義カードを引いたら正位置で出たのですが、今決断を促されているという暗示だと判断しました。

正位置はこの決断が正しいとなりますので、動き始めるのは自分次第ですね(^_^;)

結果は後からついてくるんだろうなぁ。

ささ、今度の記事は明るくいきまっせー(^^)