カテゴリー
タロット

Rayの2018年を占ってみた(最終回)

HELLO!HELLO!Ray だよー\(^o^)/

誰得?!コーナー【Ray の 2018 年を占ってみた】始まりました。

今回で第 4 弾、そして最終回です。

これまでのおさらい

1 月から 9 月までのおさらいです。

1 〜 2 月、仕事とプライベートは現状維持する流れをとり、3 月は Ray にとっての霊性に関する転機が訪れるとの暗示でした。

HELLO!HELLO!ぐすーよ ちゅーうがならびや(皆様、今日もお目にかかります)Ray でーす\(^o^)/はてさて、今回は 2018 年の Ray の年間をタロットと「オラクルカード」を使用して占ってみました。1 年間 12 ヵ月分を一気に書くと長くなるので、今回から 4 回に分...
Rayの2018年を占ってみた(1~3月編) - Light Mind

4 月は情熱的な男性と出会い一時的な恋愛で流されてしまいますが、Rayはこの人ではないと感じるようです。その為に4 月での関係を断ち切りたいと、5 月は悪戦苦闘してしまう月。

6 月になってようやくRayは情熱的な男性との関係も断ち切り、なんとか仕事とプライベートも持ち直して、将来への展望を見始める月となると暗示されていました。

HELLO!HELLO!Ray でーす\(^o^)/第 2 弾始まりました。(*^^*)誰得!?な、『Ray の 2018 年を占ってみた』のコーナーです。1 〜 3 月のおさらい前回は 1 〜 3 月をざっとおさらいをすると、1 月の占いは 2017 年から引き継いだ事の現状維持から始まりました。2 月...
Rayの2018年を占ってみた(4~6月編) - Light Mind

7 月は仕事もプライベートも充実して結果が見え始め、やりがいを感じ始める月。

8 月は大人な男性と出会って結婚へ繋がる交際が始まり、トントン拍子に話が進むようなことがあるのに、9 月は結婚に対して受け入れられない気持ちを持ち始めつつも、決められたように結婚の話が進むという暗示になりました。

HELLO!HELLO!Ray でーす\(^o^)/第 3 弾始まりましたよー。ようやく中盤に差し掛かかった『Ray の 2018 年占って見た』のコーナーです。では、今回も長いですがお付き合いください。これまでのおさらい1 月と 2 月は人の助けを得て、仕事とプライベートは現状維持...
Rayの2018年を占ってみた(7~9月編) - Light Mind

残る 10 〜 12 月、Ray の心情や周りの状況の変化はあるのでしょうか。

では早速みていきますよー。

10 月

10 月は最初タロットカードが 1 枚だけだったのですが、上手く暗示を理解することができなかったので、補足のためにオラクルカードも引いてみました。

  • 愚者「The Fool(0)」逆位置
  • オラクルカード

愚者「The Fool(0)」逆位置

自由だが、不自由さが際立つ。身動きの取れない状態に陥っているのは自分自身だという暗示。先に進むことに恐怖して、自分自身で制限を設けて不自由にしまっているような状況。

オラクルカード

ただひとつの否定的なことは、あなたが人生に招き入れたのです。

10 月の暗示

愚者カード意味はカード本来の内容です。

最初 Ray は愚者カード(逆位置)が意味する 自由の逆さま が、どんなことにつながる暗示なのかわからなかったんです。

でも結局オラクルカードも、Ray にとって否定的なことを Ray 自身が招き入れてしまっているという暗示で、愚者カードのままとなりました。

不自由さとは何かどのように向き合えば良いいのか。。。

10 月は現状から目をそらさずに自分自身を観察したり、考える必要性がありそうです。

11 月

11 月は 3 枚のカードが出ました。

左から、

  • ワンドの 10「Ten of Wands(Ⅹ)」逆位置
  • カップの 4「Four of Cups(Ⅳ)」正位置
  • ワンドの 6「Six of Wands(Ⅵ)」正位置

ワンドの 10「Ten of Wands(Ⅹ)」逆位置

手に余る財産。重圧。疲労困憊。自分が向かうところは正しいのか、自分の方向性を見失って不安になる。

カップの 4「Four of Cups(Ⅳ)」正位置

自分自身の殻に閉じこもって、与えられているものに気付かない。何もないと勘違いしてつまらないと感じている。自己と向き合いすぎて、周りが見えていない。

ワンドの 6「Six of Wands(Ⅵ)」正位置

勢いのある行進。物事はうまく進んでいる状態。称賛される。祝福されている。

11 月の暗示

3 枚を合わせて読むと、Ray は現状が幸せ過ぎるか故に逆に疑心暗鬼になったり、その状況を周りから肯定されているのに受け入れられなかったりと、不安定な感情が伺えます

周りからの祝福や称賛に対して Ray 自身が納得できず、周りとのギャップにとまどってしまっているという暗示でしょうか。

12 月

12 月は 1 枚だけ。

  • ペンタクルの 4「Four of ペンタクル(Ⅳ)」逆位置

ペンタクルの 4「Four of ペンタクル(Ⅳ)」逆位置

狭い了見で判断してはいけない。自分のものを一人で守ろうとしている。誰にも触れさせないという状態。

12 月の暗示

自分の意識や自分が持っているものに固執すると出ています。

12 月もやっぱり自分の中で納得のいかない状況が継続するという暗示でしょうか。

2018 年総まとめ

最後に 2018 年総まとめのタロットカードを引いてみました。

  • ワンドのクイーン「Queen of Wands」逆位置

ワンドのクイーン「Queen of Wands」逆位置

わがままで自分の意見を突き通して、周りの意見を聞かない。感情的な女性。

2018 年総まとめの暗示

2018 年総まとめののタロットカードは 12 ヶ月分のまとめとして出したカードであり、また 12 ヶ月後がどうなるかを暗示するカードです。

結果、これでもかってほどに疑心暗鬼な Ray の感情を暗示されていますね。その後もいろいろと自分の気持ちに納得出来ない事柄が続くようです。

自分の殻や状況から抜け出せずに、周りからはわがままな女性として Ray は扱われてしまうのでしょうか。

まとめ<h/3>

主に Ray の感情が固執して周りを見ないという状況が 3 ヵ月続いて行くようです。

Ray は何に対して状況を受け入れられないのでしょうか、、、

たぶんですが、、、8 月に出会った結婚前提の男性が、Ray のタイプではないんじゃないかなって思います。(笑)

Ray 自身、10 〜 12 月の内容に関してなんとなく腑に落ちる暗示ではありました。

でもさ、長年結婚生活を共にする人がタイプじゃなかったら、何を楽しみに生活したらいいんだか。(´・ω・`)

そりゃ頑固になっちゃいますよね(笑)

カテゴリー
タロット

Rayの2018年を占ってみた(7~9月編)

HELLO!HELLO!Ray でーす\(^o^)/

第 3 弾始まりましたよー。

ようやく中盤に差し掛かかった『Ray の 2018 年占って見た』のコーナーです。

では、今回も長いですがお付き合いください。

これまでのおさらい

1 月と 2 月は人の助けを得て、仕事とプライベートは現状維持する流れを取り、3 月は Ray にとっての霊性による転機が訪れるとの暗示でした。

HELLO!HELLO!ぐすーよ ちゅーうがならびや(皆様、今日もお目にかかります)Ray でーす\(^o^)/はてさて、今回は 2018 年の Ray の年間をタロットと「オラクルカード」を使用して占ってみました。1 年間 12 ヵ月分を一気に書くと長くなるので、今回から 4 回に分...
Rayの2018年を占ってみた(1~3月編) - Light Mind

4 月は情熱的な男性(ワンドのナイト)に魅了されそうになってしまい、一時的な感情で流されて関係を結んでんしまいそうな予感。

5 月は、そんな 4 月から関係を断ち切りたい気持ちで仕事やプライベートのバランスを崩してしまいそうな 1 ヶ月になりそうと予測されています。

6 月はようやく彼との関係を断ち切り、仕事やプライベートも持ち直して次への展望を考えていくとの暗示でした。

PAGE_BREAK: PageBreak

HELLO!HELLO!Ray でーす\(^o^)/第 2 弾始まりました。(*^^*)誰得!?な、『Ray の 2018 年を占ってみた』のコーナーです。1 〜 3 月のおさらい前回は 1 〜 3 月をざっとおさらいをすると、1 月の占いは 2017 年から引き継いだ事の現状維持から始まりました。2 月...
Rayの2018年を占ってみた(4~6月編) - Light Mind

6 月になって展望を見始めた Ray は、7 月 〜 9 月からはどうなっていくんでしょうか(*^^*)

では続きを読み解いていきます。

7 月

7 月は 1 枚のカードができました。

  • ワンドの 4「Four of Wands(Ⅳ)」正位置

ワンドの 4「Four of Wands(Ⅳ)」正位置

歓迎、歓喜。しがらみから解放され、自分の求めているものの意味が分かり、実感する出来事が起きそうです。精神的な喜びを示すカード。

7 月の暗示

4 の数字は、四角が 4 つの点で構成することから、安定の意味があります。

また ワンドの 4 のカードは、喜びや歓迎される出来事なども表します。

つまり、7 月は安定した素敵な出来事が訪れるってことです。

わーい、Ray にも幸せの兆しが来たよ\(^o^)/

幸せな状態の約束をされたのと一緒。

Ray は素敵な未来への門をくぐりまーす(^^)

8 月

8 月は 3 枚のカードができました。

左から、

  • ペンタクルの 10「Ten of Pentacles(X)」正位置
  • カップのキング「King of Cups」正位置
  • カップの 7「Seven of Cups(VII)」逆位置

ペンタクルの 10「Ten of Pentacles(X)」正位置

家族の象徴。財産など、物質的な豊かな生活を送っている状況。経済的な安定。セレブ婚。家柄。出会いからのスムーズな結婚へつながる。新しい人間関係を築く。

カップのキング「King of Cups」正位置

人情深く、知性をもった大人の男性。物腰は柔らかく寛大さのある人。優しさだけでなく豊富な人生経験から問題の核を的確に捉えることができるため、困難な状況でも落ち着いて切り抜ける事ができる。

カップの 7「Seven of Cups(VII)」逆位置

迷いっていた事が晴れて、理想を現実に変えられる。一つの事に的を絞れる。生活を正せる。地に足をつける。的確な判断力。幻想から目覚める。

8 月の暗示

出ましたよー!Ray は 7 月に幸せの門をくぐって、8 月は結婚を意識するような状況が暗示されました。

ここでは結婚相手としてカップのキングが出ているため、年の離れた大人な男性と出会う可能性か、歳が近かったとしても精神的に大人な男性と出会い、何不自由のない結婚生活が約束されていると暗示されています。

カップの 7 の逆位置は優柔不断な状況からの脱出を表すカードなので、Ray が決め兼ねていた事柄に対して何か一つの事柄を絞れる状態になりそうです。

もう一つの意味合いとして幻想からの目覚めを意味するカードでもあるため、空想などの夢見心地から、現実的思考に切り替わるという暗示かもしれません。

ペンタクルの 10 とカップのキングのカードの組合せは、結婚相手が出現し結婚話が浮上するとの暗示なのですが、前触れもなく急に結婚話、というのは、もしかしたら Ray はお見合いをするのかもしれません。

今年の 8 月も、3 月と同じくターニングポイントになりそうです。

9 月

9 月も 3 枚のカードができました。

左から、

  • 審判「Judgement(XX)」逆位置
  • ソードの 2「Two of Swords(II)」正位置
  • ペンタクルの A「Ace of Pentacles」正位置

審判「Judgement(XX)」逆位置

これまでやっていた努力について投げ出したくなってしまう。既に終わってしまっている事を引きずっている。どこまでも悲観的に考えてしまう状況。後悔、未練が募る。

ソードの 2「Two of Swords(II)」正位置

自分の周りに誰もよせつけまいと、自分の殻に閉じこもっている状況。感情は行動に一致していない。感情を押し殺す。事実を受け入れられない。

ペンタクルの A「Ace of Pentacles」正位置

具体的かつ現実的な価値。実際に形あるものを生みだすエネルギー。夢や想いが現実になり始める。

9 月の暗示

8 月の良いカードから一転して、9 月はソードの2が表すのはRayの内面として精神的に困難な様子が暗示されてしまいました。

審判やペンタクルの A のカードが表すのは、抗えない運命が動き始めている状況ということです。

前途多難な結婚へと進んでいるのでしょうか、幸せな始まりではなさそうです。

9 月、その流れに逆らえない Ray がいるのでしょう。

まとめ

7 月は仕事もプライベートも充実して結果が見え始め、やりがいを感じ始める模様です。

8 月には大人の男性と出会い、結婚へつながる交際が始まりトントン拍子に話が進むような暗示。

ですが 9 月は、結婚に対して受け入れられないという気持ちが Ray にはあるようです。

審判のカードは決められた運命を表し、ペンタクルの A のカードは物事の始まりのエネルギー源を表すカードなので、その組み合わせが表すカードの意味合いとして、定められた物事が決められた形で進んでいくというような暗示となります。

つまり、Ray の結婚がお見合いという形の結婚なのであれば、逆に言えば結婚相手を選べない、ということなんでしょうか。

9 月は、自分の自由を抑えて生活することへの暗示なのかも。

Ray は今の自由を楽しむ必要がありそうですね。リア充、求む。(笑)

今回を含めて 1 ~ 9 月まで見てきましたが、ここまででも Ray の 2018 年は浮き沈みの激しい年になると感じました。

次回はついに 2018 年のラストです。 10 ~ 12 月にどのような動きが出るのでしょうか。

乞うご期待下さいまし(^^);

カテゴリー
タロット

Rayの2018年を占ってみた(1~3月編)

HELLO!HELLO!ぐすーよ ちゅーうがならびや(皆様、今日もお目にかかります)Ray でーす\(^o^)/

はてさて、今回は 2018 年の Ray の年間をタロットと「オラクルカード」を使用して占ってみました。

1 年間 12 ヵ月分を一気に書くと長くなるので、今回から 4 回に分けて、3 ヵ月ごとにお送りします。

今回は、既に始まっちゃってる 1 月から、3 月までです。

年間占いのスプレッド

今回年間占いを行うにあたり、時計の 1 時の位置を 1 月として、12 月まで時計回りに 12 分割でタロットを置いていく年間スプレッドを利用しました。

また月ごとにタロットを “引く” のではなく、月ごとにタロットカードをシャッフルし、その時に飛び出したカードをその月を暗示するカードとして、12 回連続シャッフルで占っていきました。

そして今回 Ray は、使ってみたかった「オラクルカード」も合わせて使いました。

オラクルカードはカード 1 枚 1 枚に神からのメッセージが書かれているところがタロットカードと異なる点で、その神からのメッセージが自分の悩みやその悩みを解決するための違う視点へと導く言葉だったりするため、メッセージ自体の奥深さなどを考えさせられたり、納得出来る要素があるんです。

そもそも「オラクルカード」の “オラクル” は『神託(神のお告げ)』を意味しています。

ちなみにオラクルカードは、最近では作者の意図や個性によって作られるため、タロットカードと違って枚数が決まっておらず、だいたい 32 ~ 56 枚セットが流通しています。

でも Ray が持っているのは 74 枚セット。特別セットです(笑)

Ray は今回オラクルカードを、月ごとのシャッフルで出たタロットカードの解釈がわかりづらかった場合にそこを補てんするためのアドバイスカードとしてと、年間占いの基盤として、そして最後に 2018 年の総まとめとしての、3 つの場面で使用しました。

では早速占っていきます。(^^)

基盤のオラクルカード

流れはちょっと前後してしまいますが、タロットの 12 回連続シャッフルを行ってから、そのタロットカードの基盤となるオラクルカードをシャッフルで出しました。

オラクルカードを基盤とすることで、各月のタロットカードの暗示に一貫性が出せるわけですね。

そして出たカードがこれ。

2018 年の基盤となるオラクルカードに書かれていた神のお告げ(Ray バージョン)は次の通り。

『私の現世に影響を与えている過去から引き継いでいるネガティブな事を取り除いてくれるようにお願いしてください』

Ray の過去からのネガティブは、ド M な精神からくる無闇やたらな自己犠牲によって、自身の存在意義を見出そうとしてしまうことかと感じます。

醜いですね(^_^;)

Ray の 1 年は恩着せがましそうな感じになりそうです。

またその自己犠牲精神を意識して正しなさいと言われている気がします。

HELLO!タロット占い師 Ray です。Ray は職場を正社員より派遣社員で働いて転々とする働き方が性にあう、言わばジプシーナースでした(青い鳥症候群とも言われます 笑)派遣社員は 3 ヶ月働いて更新する制度です。今回は、以前半年間働いていた職場で出会った霊能力...
本土の霊能力者さんに言われた話 - Light Mind

1 月

1 月は 3 枚タロットカードが出ました。

左から、

  • カップの 6「Six of Cups(Ⅵ)」逆位置
  • ワンドの 5「Five of Wands(Ⅴ)」正位置
  • ソードの 8「Eight of Swords(VIII)」逆位置

カップの 6「Six of Cups(Ⅵ)」逆位置

精神的な成長。過去に惑わされないで道を進んで行ける。過去にスムーズに行かなかったことが、うまく行きだす。

ワンドの 5「Five of Wands(Ⅴ)」正位置

葛藤の中で起きる変化。目標を切磋琢磨して達成しようとしていますが、意見のまとまりがない。

ソードの 8「Eight of Swords(VIII)」逆位置

しがらみからの開放。抜け出せないと思っていたピンチを、自分の意識で切り替えて脱出出来る様子。困難を克服する。

1 月の暗示

Ray の 1 月は束縛から開放され動きやすい状態だけど、未来への目標を目指したいけどビジョンがぼんやりとしていて空回りしているような状態だと暗示されています。

ですが、手探り状態でも前には進む模様。

ただ正直、かなり抽象的ではっきりしないような内容ですね。

それもそのはず、1 月で出た 3 枚のカードは小アルカナタロットカードで、その中でもあまり強い意味はなく、どちらかというと精神的な面を暗示するカードとなるためです。

つまり 1 月の占いをわかりやすくまとめると、ずばり『現状維持』。

2 月

2 月は 1 枚だけタロットカードが出ました。

  • ペンタクルのナイト「Knight of Pentacles」正位置

ペンタクルのナイト「Knight of Pentacles」正位置

このペンタクルのナイトのカードは、「地道な積み重ねを確実に進めて成功を思い描く」という意味もありますが、「行き過ぎて粘り強さも度を越すと頑固になる」という意味もあります。

またペンタクルのナイトのカードなどは直接的に男性や人物を表すカードでもあります。

ちなみにタロットにはほかにもナイト系のカードがあるのですが、その中でもペンタクルのナイトは地道な積み重ねが売りなので、ナイト系カードの中でも一番出だしが遅いスロースターター的なカードとも言われています。

2 月の暗示

つまりこれを考慮すると、目標を達成するための準備は出来ている状況なので、地道に積み重ねて前進することを暗示しています。

2 月になれば Ray 自身の準備も整うため、あとは地道に積み重ねていけってことでしょうね。

でももしかしたら Ray にとってのナイトが現れるのかも!?

3 月

3 月は 2 枚の大アルカナタロットカードが出ました。

  • 死神「Death(XIII)」
  • 星「The Star(XVII)」

そもそも大アルカナタロットカードは、タロットカード全 78 枚の中で特に重要な 22 枚のカードで、ほかの 56 枚の小アルカナタロットカードよりも強い意味を持ちます。

つまり 1 ~ 3 月の中で一番重要な月ということです。

死神「Death(XIII)」

新しいステージに進む死がもたらす変化は次の段階に至るまでの区切りを表します。

星「Star(XVII)」

希望や理想、目標に向かって正しい道を歩んでいることの証。目指すべき目標がある。インスピレーションがもたらされる。

3 月の暗示

大アルカナタロットカードは重要性を表していることがあるので、3 月は大きな転機や出来事が起こる可能性が暗示されています。

Ray の場合は天からの啓示などを表されているかもしれません。

死神のカードは、いらないことは終わらせて次の段階に行くという意味があるため、何かに終止符をうち新しいものを受け入れる形になりそうす。

死神のカードと一緒に出た星のカードは、目標に目星が付き前向きに取り組めるという状態を暗示していて、カード自体にインスピレーションや霊性の意味もあるため、Ray の場合は霊的な事柄で何かしら起きそうとも考えられます。

星のカードは “導く” とかの意味にもなるので、道を切り開く一つの指標になるかもしれないですね。

1 ~ 3 月のまとめ

Ray の 1 〜 3 月は物事を着実に進めるというような現状維持からのスタートで始まり、3 月は自分の中から何かを終わらせないと次のステージには行けないと暗示されました。

特に 3 月が重要になりそう。

そのためにも 2 月は頑固にならないように気を付けながら着実に物事を捉えるように思考すべきでしょうし、もしかしたらペンタクルナイトのような殿方の影響で仕事が上手く前進するのかもしれないです。

3 月の決断で、もう 1 段階上の霊性へ行くような天からの啓示が起こりそうとも考えられます。

一体全体 Ray の 2018 年はどうなっていくのでしょうか。

Ray の過去のネガティブ思想は今はまだ影を出していない状況ですが、どの月でリンクしていくのかも楽しみです。

次の 4 月 ~ 6 月はどのような流れになるかお楽しみに(^^)

カテゴリー
Rayのこと

2018年へカウントダウン

HELLO!HELLO!Ray です(*^^*)

もう少しで 2017 年が終わりに近づいて来ました。

年始までカウントダウンしている方もいらっしゃるでしょう。

仕事納めた方も、年またぎで働いている方もたくさんいらっしゃるでしょう。

Ray は、年始そうそう働く組です(笑)

働きたくないけど、仕事があるって幸せなことなのかもしれませんね、、、

成長

Ray は今、新しい働き方に挑戦してとっても充実していて、もっとたくさん成長していきたいって毎日考えています。

人間、出来ないことを出来ないままにしてしまうと成長が止まってしまいます。

脳みそは合わせ味噌ではなく、考える筋肉だと思います。伝達信号のシナプスが貼り巡らされていますから、考えるという思考の筋トレが脳の活性化へと繋げてくれる。

出来ないことに対して、たまには悲観的になったり、全てに悪態ついて人のせいにしてもいいと、Ray は感じます。

だけど最終地点ではそれを選んだのは自分だと自分にいい聞かせて解決策を練れば、自ずと道は開けるんじゃないかな。

でも、考えに考え尽くしてもうまく道が開かないとか、そんな時もありますよね。

『なんくるないさー』

皆さんもよく知っている『なんくるないさー』は沖縄の言葉で “なんとかなるよ!” って意味ですが、その言葉を使ってもいい人は、全てにおいて精をつくし、考え抜いてやり尽くして、もうこれ以上やれることはなく、後は流れに任せるしかないって人です。

『なんくるないさー』は、自分の精一杯の行動とやるせない心配な心に働きかける言葉なんですよ。

決して何もしていない人が他力本願な気持ちで使用する言葉ではないんですよ。

2018 年は戌年

さて、2017 年は皆さんどのように過ごされたでしょうか?

終わりよければ全て良しとは言いますが、来年に向けての課題や目標、2017 年の反省を活かして、AI 時代がくる 2018 年を人間として更に一歩成長して、少しでもリア充を味わうことができる年にしたいですよね。

勇み足はしなくていいけど、自分の納得いくような年であれば上出来ですよ。

Ray は来年の年末もブログ書き続けられていることを祈りつつ、少しづつ成長できていればいいな。

あっ、あと結婚していたら尚幸せかも。

結婚がイコール幸せではないことくらいは分かっていますよ(^_^;)

Ray のことを理解してくれて、お互いに愛し愛される関係を築くことができるパートナーと巡りあえれば良いですな。

Ray はまず、タロット占いやこのブログ『Light Mind』を通じてたくさんの方の力になって、自分の成長も味わえる年にしていきたいな。

2018 年は戌年(いぬどし)ですね。

みなさんは来年はどんな年にしたいですか?

めっちゃ決まり文句ですみません(^_^;)